10 都府県。 専門家組織、10都府県「医療厳しい」 緊急事態の先行解除見送り理解

🍀 支給額は1店舗当たり1日6万円。 緊急事態宣言の期限は3月7日。

📞 改善した地域については、宣言の期限である3月7日を待たずに解除したい考えで、来週以降に判断する予定だ。

5

😋 延長するのは東京、埼玉、千葉、神奈川、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の10都府県。 政府は愛知、岐阜、福岡などで検討していた宣言の先行解除を見送る方針を固めているが、同組織の脇田隆字(たかじ)座長は「(解除には)医療の逼迫(ひっぱく)を改善する必要がある」と理解を示した。

10

🤩 ただ、感染者に占める60代以上の割合が上昇し、最近は感染者減少のペースも鈍っている。 「出勤者数の7割削減」が達成されていないため、テレワークなどをさらに徹底する。 また、ワクチンについて「接種は2月下旬といってきたが、有効性、安全性を確認した上で2月中旬にスタートしたい」と述べた。

14

🙄 栃木は感染が改善傾向にあるとみて、2月7日の期限で宣言を解除する。 対象地域で感染状況の改善が確認された場合は、宣言期限を待たずに順次解除する。 医療提供体制は依然厳しいと判断した。

20

🌏会見で首相は感染状況を巡り「はっきりとした効果が見られ始めている。 感染者数は減少傾向だが、医療体制が依然、逼迫(ひっぱく)しているとの専門家の見解を踏まえた。

4

💢 申請方法や申請受付開始・期限などは各都府県で異なる。 加藤官房長官「しばらくは警戒が必要」. 夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業を行っていた店舗が、朝5時から夜20時までの間に営業時間を短縮するとともに、酒類の提供は11時から19時までとすることなどが要件となる。

7

😁 2021年 2月 10日 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長を受け、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、岐阜、京都、大阪、兵庫、福岡の10都府県は、3月7日までの緊急事態措置期間中に営業時間短縮要請に協力する飲食店に対して協力金を支給する。 この中で、西村経済再生担当大臣は11の都府県のうち、栃木県は新規感染者数や医療提供体制の状況が改善しているとして解除し、対策を段階的に緩和していく考えを示しました。 直近1週間の10万人当たりの感染者数は宣言対象の愛知や岐阜、大阪、福岡など7府県で、政府の対策分科会の「ステージ3」(感染急増)の基準である15人を下回った。

16