脱 亜 論 内容。 学校が教えない社会科・歴史・公民

😙 彼はを独立党への大弾圧の悲惨な現実によって低下した西洋諸国からの東アジアの評価が日本にも波及することを恐れて執筆したのであって、考えの中身を変化させたわけではなかったのである。 憲法改正を含めた鉄壁の安全保障政策を今こそ議論し、変えるべくは変えることが絶対に必要だと思います。 そのため、より日本は抜きんでて外国の西洋列強諸国と肩を並べるような国になるべきだと主張しました。

5

👌 特に『近代文明や国際法について知りながら、それでも過去に拘り続けるシナ・朝鮮の精神は千年前と違わない。 また、石河幹明編纂の大正版『福沢全集』(一九二五~二六)にも、その「時事論集」の二二四編のうちに「脱亜論」のタイトルを見いだすことはできない。 こうした時事的な部分を除いてしまえば、「脱亜論」は、半開の国々は西洋文明を取り入れて自から近代化していくべきだ、という『』の主張と少しも変わらない」と解説している。

5

🎇 筆者は心の中で、東アジアの悪友を謝絶するものである。

☕ そればかりか、道徳さえ地を掃いたように消えはてて残酷破廉恥を極め、なお傲然として自省の念など持たない者のようだ。

4

👉 もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。 、229-230頁。

✍ 、204-208頁。

15

✔ その排斥が不可能である以上、西洋文明の移入に邁進する他はない。 (『巨傑誕生編』第四章) 『脱亜論』で福沢は 「西洋人がアジア人に接するように、 我々も支那や朝鮮に接するしかない」 と述べており、これがその後の国是になって、 日韓併合や支那事変へと事態が発展したのだと 私は思っています。

15

😒 「この状態を見て私共は中国人の政治的能力に疑いを抱かざるを得ないようになった。 「侵略戦争に熱狂するファッショ的国民」とまでいかなくとも、「軍部にだまされた愚かな日本人」とも見る人もいるだろう。 ただし遠山・服部からのパンチをよけながらリングを逃げ回っていたかに見える丸山が、最後になって相手をノックダウンした、というような華麗な試合の結果としてではない。

💖 「大東亜共栄圏の再現であってはならない」とする東アジア共同体構想は、まさにこのアジアのナショナリズムの発現だとも言える。 しかし、西洋の文明の端緒にある、ものの考え方の根底、すなわち身体や思想の自由や向上心の尊重また個人を守るものとしての国民国家の概念を移入するのは難しいと感じたのであろう。

12