ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド ダコタ ファニング。 ワンハリが描く『シャロン・テート殺害事件』とは?監督の解説付き (1/2)

🤘 シャロン・テート事件を知ってると、この先は目もつむりたくなる大惨事が行われるので席を立ちたくなります。 クリフが起こした騒動の相手。

2

☯ 実行犯らはたった今殺し終えたその家の中で、のんびりと食事をして、シャワーを浴びて、そしてスパーン牧場に帰った。 上映時間も長めで、グロシーンも少しあり。 シャロンの始末を誰がつけるのかという話になり、サディとケイティはためらった。

15

🌭 物語は主に二つのストーリーが交錯するように進む。 そんな無邪気な姿が人を疑うことを知らずに、ラストの事件に結びついていきそうな雰囲気をかもしだし逆に震えます。 やがて警察と救急隊が駆けつけ、ファミリーの遺体と負傷したクリフを搬送、リックとフランチェスカは事情聴取を受ける。

2

☕ 実際の殺人事件を知っていると、登場人物の背景なんかが分かるのでより楽しめそうですが、最悪知らなくても問題はなさそうです。

12

✌ また、同作のために、、をわずか3か月でマスターしたという。

20

😇 ジューサーを回してたリックは、3人のヒッピーが乗った車が自宅前で目ざわりだったので、ジュースを飲みながら追い返します。

1

😅 ジェイが「シャロンは妊娠してるんだぞ!分からないのか!」と怒ると、これがテックスの猟奇性を引き出してしまった。 上映時間も少し長くて、好き嫌いは分かれそうな内容ですが、気になった方は是非。

16

✋ この頃よりマンソンは、科学的あるいは魔術的な方法を問わず、他人を思い通りにコントロールする術を身に着け始めていた。 プレイボーイ・マンションのパーティーに参加していた。

6