レッスン バッグ 作り方 キルティング。 ハンドメイドのレッスンバッグの作り方【3】可愛いリボン付レッスンバッグ

😗 ・表地の生地 ・裏地の生地 生地は、表地のものも裏地のものも水通ししておきましょう。 。 画像の白いラインを縫っていきます。

15

☝ 写真のようにキルティング生地で切り替えを付ける場合は、生地を分けずに底部分をプラスで縫い付けるようにしましょう。 ラインの幅は、2〜2. でも、作るなら「裏地があった方が良いなぁ~」「マチありまなら沢山はいるのになぁ~」と思っているママも多いですね。

17

🐾 5cmのところを縫います。

😅 ただ、何に使うのか?何を入れるのか?そこを考えられ、本のような物を入れるのならば、(2)がいいかなと思いますが、少ししか物を入れない、斜めがけにも使いたい場合は、(3)、肩掛けであって、長さはそう必要でなく、重いものを入れる可能性がある場合は(1)がオススメです。 断ちばさみ• もし、裏生地をつけずに切り返しレッスンバッグを付ける場合には、切り返しで塗った部分の端にロックミシンやギザギザミシンをするか、折り伏せ縫いで始末しましょう。 メリットの多いキルティング生地ですが、 サブバッグとしてはむいていないようです。

1

😗 エプロンを入れるためのものなので小さめにして、持ち手は同じ布で作りました。 予めご了承ください。

💓 切り替え位置で、無地と柄布を縫い合わせます。 重なる部分もあるので針の方向も変わってしまう事もあります。

🚒 裏生地を表生地の中に入れる この時、角から合わせて入れると、きれいに裏返せますよ。 ポケットを作って付けます ポケットを作ります。

17

⚛ 理解して頂けたでしょうか? 説明があまり上手ではないので、伝わっていなかったら申し訳ありません。 どのバッグの場合でも出来るアレンジです。 底の部分は輪になったままなので縫いしろは不要です。

14

🤲 ポケットをつけるコツは 縫う前にしっかりポケットを固定しましょう。

7