スズキ 隼 新型。 スズキ、新型「ハヤブサ」発表 究極のスポーツバイクを13年ぶり全面改良

😩 新型の隼には、新たに電子制御スロットルシステムを採用。 7点 評価人数:101人 台 214件 2153人 1件 車輌プロフィール THE ULTIMATE SPORT. 17分42秒間の中に、隼に対するスズキ開発陣の執念、意気込み、思い入れが凝縮。

🤞 このリカージョンは、2気筒ターボエンジンを搭載したモデル名『GSX-700T』としてアメリカの特許庁に特が出願されていますが、これが大排気量向けの特許出願という情報は出ていません。 左)ワイドだが究極の空力特性を目指してデザインされたフロントマスク 中)新型は空力抵抗をとことん吟味し、ミラーのデザインを大幅に変更 右)クラッチレバーとブレーキレバーには穴を設置 前モデルに比べ、新型のサイレンサー部は可能な限りコンパクト化し、前モデルよりもリヤの重量を2054g削減。 2021. ・パワーとスピードをアピールする、サイドカウルに装備されたクロームメッキのV字型モールディング。

16

🍀 ローRPMアシスト 概要:スムーズな発進を補助 スタンディングスタートからの発進時や低速走行時のエンジン速度をシームレスに高め、エンジンのエンストを抑制。

☎ あともう一つはパワーをアシストするために空気の流れを表現するデザインを施しています。

12

💢 ターボ搭載の噂は今年に入ってからは少し少なくなっていますね。 触媒はコレクターに楕円形(レーストラック型)コンバーターを配置し、左右のマフラーに円筒形のコンバーターを配置する新しい2ステージシステムに変更。 この技術は、スズキがMotoGPレース用に開発したトラクションコントロールシステムを直接採用。

1

😁 動画では、エンジン開発者、デザイン開発者、フレーム開発者、電子制御開発者、テストライダーなど、隼の開発に携わった人々が登場。

5