安全 な 水 と トイレ を 世界 中 に。 「安全な水とトイレを世界中に」

🤘 それだけで、安全な水とトイレを届ける活動をしている方々・団体に本サイトの運営会社であるgooddo(株)から支援金として10円をお届けします。 b 水と衛生の管理向上における地域コミュニティの参加を支援・強化する。 しかし水を供給するためのインフラ整備には、莫大な費用と人件が必要になります。

3

💔 そこで目標6では誰もが必要とするきれいな水を、みんなが当たり前のように使えるようにし、トイレを安全で衛生的な場所にする取り組みが進められています。 彼らは綺麗な安全な水を手に入れられないため、どんな汚れている水でも飲むしかない環境にいる。

15

☣ 経済の発展 や 人口増加 、 地球温暖化 などの影響で、今後ますます十分な水を確保することができなくなると予測されています。 さらに目標について簡単に説明をし• 具体的に個人が何をできるのか(実際に私がしていること) を知ってもらうことで SDGsは誰かのための目標ではなく あなたのための目標だと気づいてもらうことが目的です。 安全な水とトイレを世界中に」が掲げられた背景には、水とトイレに関わる深刻な現状があるのです。

1

👣 私たちが寄付をすると、例えばORS(経口補水塩)、家庭用衛生キットなどを多くの子どもたちに提供できたり、1錠で4~5リットルの水を浄化できる浄水剤の購入できます。 安全な水がない、衛生環境が悪い場所で暮らす人々の現状は? 安全な水が手に入らず苦しい生活を強いられている人々は少なくありません。

20

👣 排水溝の先は海です。

12

☎ 例えば、 今回の 目標6「安全な水とトイレを世界中に」の全文は以下の通りです。 トイレの管理責任者の養成や修繕の方法や、石鹸を使い、手洗いを行う習慣などの指導• (出典:「世界津波の日」,2019) 気候変動に関する政府間パネル(IPCC) 気候変動に関して近年世界で大きな問題として取り上げられており、国際機関を中心として様々な取り組みが行われてきました。 「寄付したものの、使われなかった」を防ぐために LIXILは「みんなにトイレをプロジェクト」を進める一方で、期間限定の寄付だけでなく、現地の人に継続的にSATOを購入してもらえるようソーシャルビジネスも展開しています。

12

✇ 特に大人に比べて免疫のない子どもは身体に大きなダメージを受けてしまいますが、水は飲まなければ生きられません。 SDGs17の目標は以下の通りです。 NPO・NGOへの寄付 NPO・NGOに寄付をすることで間接的に支援をすることができます。

12