わかり そう で わからない。 LANケーブルのカテゴリがわからない時の見分け方・確認方法

👌 当時の私は当然ながら研究者としては駆け出しどころか受精前の卵子のようなもので、研究の手法から論点の整理まで 「なにが分からないのか自体さっぱり分からん」 というべき段階にありました。

3

👆 そしたらインターネットに接続している一覧が表示されるので、LANケーブルを接続している接続名をクリックします。

19

♥ このページでは、わかりにくいLANケーブルのカテゴリを調べる方法について書きました。 連立方程式をたてて求める方法 の2つがある。

14

🤛 「まあ、電気屋だったら、親切な店員ならそういう一台目の不満点をインタビューしてくれるかも知れないが、研究者はそんなことは聞かない。 小学校の時と同様ちゃらんぽらんだった私は、このS先生から随分と色んなことを教わりました。 かなり昔のルーターやハブだと、100BASE-T(100Mbps)までしか対応していないことがあるかもしれません。

4

👐 2-1 これをGoogleで検索してみるとWikipediaが出てきました。

🚀 ) この方法は パソコンから確認する必要があるため、Nintendo Switchなどのゲーム機ではできません。 ここの速度が 1. 例題の2つの座標って、• そうすれば、電気屋の店員さんも、ちゃんとこっちのニーズに合わせて真剣に答えてくれるだろう?」 「……なるほど」 ちょっと話が見えてきました。 たとえばインターネット契約がNUROなど1Gbpsよりも速い速度の契約で、それに対応した周辺機器をすべて揃えられていて、ボトルネックが無いのならできるかも。

18

😗 それは単純に知識不足なのかも知れないですし、アプローチの方向性が間違っているのか、何か理解を妨げる勘違いをしているのか、あるいは内容について読めていない部分があるのかも知れません。 カテゴリ 規格 速度 5 EIA-568-A 100Mbps以下? 5e EIA-568-B 1Gbps(1000Mbps) 6 EIA-568-B. もう一人は大学の専門課程、国語学研究室でお世話になったS先生。 本学の学生 東大でした も結構プライド高いから、そういう学生はちょこちょこいる」 と褒めてくれました。

5