円楽 入院。 三遊亭円楽が脳に腫瘍発見で入院 8月上旬まで療養

☢ 笑点メンバー [ ] 1965年『』の前身となる『』の放送が開始され、圓楽はやとともに出演。

⚓ は、「 光岳院情誉圓楽寛海居士」(こうがくいんじょうよえんらくかんかいこじ)。

1

😈 この記事には 複数の問題があります。

7

🖐 脳腫瘍は、脳および髄膜に発生した腫瘍のこと。 自宅(および近所に住む長男宅での)療養に入った。 1月 - 若手落語家努力賞受賞。

5

🤟 「一病息災でずっとこの病気と付き合っている。 また同年放送の『』()では、初代 林家木久蔵(現:)の応援としてVTR出演している。 - のため通院していた病院での症状が現れたため入院。

9

🤑 手術や治療のため入院したが、同10月中旬に復帰している。 薬を変えたらがんマーカーの数値が良くなって、維持療法で検査と治療に通ってる」と現在の通院状況を明かした。

1

🖖 」と評しており、追悼特別企画では「圓楽さんは我々と同じ噺家の『間』を持っていたため、歴代司会者の中で一番やりやすい存在でした」と述べている。 関係者によると、6月下旬には「円楽さんの声が出ていない」と心配する声も上がっていた。

1

👏 レギュラー出演する日本テレビ系「笑点」は、21日放送分は収録を終えているが、28日以降は検討中という。

10

☕ 落語家として [ ] で落語を見た時に「戦争ですべてを奪われ暗い顔をした人々にこうやって笑いを起こさせることができる落語はすごい」と落語家になることを決意する。 木久扇曰く、当時、「この練乳というものはだな、戦時中は大変高価な物であって……」と圓楽は蘊蓄を語り出したらしい。

9