Npo 法人 設立。 NPO設立支援室「NPO法人の作り方」

🤐 経済活動の活性化を図る活動• メンバーから会費を徴収したり、寄付金を頂くことは可能ですし、事業を遂行するためには一人では回すことはできませんので、人を雇用することも認められています。 できます。

🍀 所轄庁から行政指導を受けないように、健全な運営を行っていく上でのコンサルティングも行っております。

🤜 デメリット 続いてデメリットについてですが、以下のようなことが考えられます。

6

⚔ 今回は、NGOを設立する際に知っておきたい知識やヒントを紹介します。 そのため、こうした提出書類に関して利害関係者などから閲覧請求があれば、 いつでも閲覧できるよう情報公開が義務付けられています。 資金に余裕がある法人であれば税理士や会計士などの専門家に依頼することも可能ですが、設立当初は資金面で厳しいことから、法人の職員が会計を行うこともあると思います。

15

✋ あらかじめ社員の方に聞いておきましょう。

9

😜 15.官公署への届出 NPO法人設立後、関係する官公署(税務署など)への届出が義務づけられています。 つまり、打合せを3~4回行うということは、30日~40日の貴重な時間が過ぎ去っていくという事になるのです。 役員名簿• 団体が利益を出すことに自体に問題はありません。

12

⚛ 人数に制限なし 特に資格は不要。 ですので、社会的に貢献はしたいけど、収益も上げたいと言う事であれば、NPO法人になる必要はなく、株式会社や合同会社のような営利を目的としている会社を立ち上げれば良いという事になります。 社員のうち10名以上の者の名簿• たとえば、事業報告書や会計報告書といった資料を所轄庁に提出しなければなりません。

2