世界 の 株価。 世界各国のPER・PBR・時価総額 (毎月更新)

👉 ひとつは戦争(地政学的変化)である。

4

☘ FRBによる社債買い取りなどの異例の支援策は、連邦準備法13条3項が認める「異例かつ緊急を要する場合」を前提とし、実施は際どい判断だった。

20

💅 年末年始は米国株が1年で一番強い時期なので、 仮に市場環境が激変したとしても「全降り」する必要はなし! 毎年11月、12月、1月は、米国の株式市場が1年のうちで一番強い時期なので、長期金利が上昇に転じる兆しが見えたからといって、今のタイミングで保有株をすべて売却して「全降り」をする必要はありません。

9

⚐ また、米国ETFの中で 「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。 東証2部に上場しているすべての企業を対象に、TOPIXと同様の方式で算出した株価指数のこと。

8

😩 後述するが、株式市場には長期的なトレンドがいくつか形成されており、このトレンドを見誤ってしまうと、平均的パフォーマンスがいかに良好でも、致命的な機会損失やキャピタルロスを抱えてしまうことにもなりかねない。 あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「 米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。

5

☯ (2)企業業績、なかでも米ナスダックの重要性が高まっている。 ・ 「FTSE SmallCap Index」…小型株で構成。 つまり、消費者は200兆円を超えるお金を持っており、新型コロナウイルスの脅威さえ去れば、遊びたくてウズウズしているのです。

👐 そして日本の株式市場の株価指数である、「日経平均株価」や「TOPIX」などをチェックします。 ・ 「KOSPI 50」…上位50銘柄で構成。 だが、長期的に見ると堅調に推移したといってよい。

2