アメリカ 中国 コロナ 戦争。 21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

☯ ここがアメリカの恐ろしいところです。 また, やの整備のように,中国による交通インフラ整備が進められており,中国を中心とした交通網が発達する時代とも考えます。

10

😝 中国はアメリカに状況を見抜かれている。 3.地政学的に言っても、台湾と中国大陸との距離は目と鼻の先であるのに比べ、アメリカとの距離は6000海里もあり、防衛予算がコロナウイルスにより逼迫している今、米中戦争が勃発したら、防衛予算が爆発的に膨張し、アメリカ経済を破滅に追い込むだろう。

1

😛 これに対して、中国は目立った貢献を示せなかったのだ。 仮に追加の制裁に動けば、中国も再び対抗し、応酬がエスカレートしていくだろう。

🐲 だがこれは農業を犠牲にした近代化。 戦略の中身は目的・手段・方法であり、これらが成立しなければ使えない。 中国は台湾を除けば22省だから、18省で確認されたので中国全土に拡大している。

18

😙 しかし、対立の根は消えたわけではないので、時代が変われば再び「キリスト教徒とイスラム教徒の対立」は再燃する。

15

🌭 株価が大暴落し、かつ欠勤者が2~3割に達すれば、アメリカ経済は深刻な打撃を受け、日用品などは中国から輸入するしかなくなります。 この点がポルトガル・スペインの植民地経営と異なります。

2