コックリ さん。 繰繰れ!コックリさん

👌 音楽プロデューサー - 若林豪• しかしそのエピソードを聞いたこひなから、「では」と恐れられることとなる(本人曰く守護神との勘違い〈単行本1巻参照〉)。 3: 質問をする。 狗神とは異なり、自ら進んで女性に化けることはないが、「容姿も家事の腕も上々であるため、女の姿でいると男からのが後を絶たず面倒だから」というのがその理由。

✆ 周りがエキセントリックなキャラだらけの本作品において唯一の常識人であり役。 電波系の発言や無感情さから、学校でも気味悪がられ友達がおらず、孤独に過ごしている。 動物型の際は、デフォルメされた茶色のの姿をとる(当初はこひなを驚かせようとして、リアルなのタヌキの置き物のような姿に変身している)。

10

🤝 一般的な「狗神(犬神)」は犬をの道具として苛め殺して作られるが、彼がどのようなプロセスで命を落として狗神となったかは不明。

13

☮ 妖力によるの色は桃色。 また、生前の恵まれない生活環境から、心の奥では疎外感や孤独感を抱えているような描写も見られる。

1

❤️ 西澤晋 谷津美弥子 第17憑目、第19憑目 第7憑目 猫神タマの一目惚れ! 概要 コックリさんのコックリさんによる コックリさんの為の、超虚脱系ゆるふわコメディー。 一度目は海外からの伝来時期にあたるとされる明治から大正にかけてのころ。 をいやがる、が鳴ると吠える、にじゃれる、庭にものを埋めるなど犬らしいところもある。

19

🤜 Report: Photo:RocketNews24. 一人称は「俺(場合によっては『オジさん』ということがある)」、二人称は「おまいさん」で、こひなを「嬢ちゃん」、コックリさんを「狐」 、狗神を「狗神」と呼ぶ。 硬貨に指を添える体勢を取り続ける際にどうしても僅かに腕が動いてしまう。