プラトン の 洞窟。 プラトンの洞窟

😍 プラトン26歳。

15

☏ 『プラトン全集13』岩波書店p814• 24 ,4px 4px 10px -3px rgba 0,0,0,. プラトンの弟子であるアリストテレスもそう考えました。 名前の通り、哲学者たちが国王となって政治を営むべきであるという考え方です。 現代哲学の道を開いた哲学者のニーチェは、プラトンにおいて前代未聞のとてつもないことが行われたと語ります。

18

👈 誰にとっても難しいことなのです。 花も木も犬も猫も、光がなければ私たちは見ることができません。 何を美しいと思うかは異なるかもしれないが、みんな「美しい」という感覚は持っているではないかと。

11

⚛ 私たちが普段、 三角形や円を描くときそれは鉛筆やインクなどの 線によって形を与えられますが、 数学の公理に基づけば描かれたそれはインクの 線幅を持つため真に三角形や円ではなく 洞窟の影のような存在として 私たちは見ていることになります。 イデア界というものを思いついたのはピタゴラスの影響によるところが大きいのではないかと思います。 プラトンの洞窟の比喩に出てくる囚人は日本人そのもの わたしはこの比喩を知った時。

19

🙏 そんな中、一人の人間が磔から解放される。 ぐるぐる回るということですね。

8

🤘 「貴族制」(アリストクラティア ) - 法律に基づく少数者支配• 『法律』と同じく、最後期に分類 される『』も、同じく第三回シケリア旅行後の紀元前350年代、『法律』の直前ないし並行する形で執筆されたと推定される。 目の前にある三角形の定規は、厳密には三角形ではないのに、なぜか私たちはその定規が「三角形である」と考えている。

6